読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドブームのわけ。

歌の魅力には底知れぬパワーがある。

 

 

たった5分やそこらの間に

無数のパターンの音と言葉。

 

 

いつ聴いても感心させられる。

 

 

個性を絶やさずに必死に生き抜く

彼らの独創性に。

 

 

歌の文化はよく知らないが

人類が生まれてからできた歌を全て数えてみると

1億は超えてくるだろう。

 

 

その中でヒットした曲と

残念ながらヒットしなかった曲があり、

 

 

売れた歌手もいれば

万年アマチュアの歌い手も居ただろう。

 

 

その違いを私は不思議と思わざるを得ない。

 

 

人間はあるリズム、歌詞、声の質、音程の組み合わせには心を奪われるが、

そうではないものもある。

 

 

 

そしてそのおかげで売れに売れた人がいて、

一生芽を出さずに諦めた人もいる。

 

 

不思議でならない。

 

 

 

音楽は時には人の心を癒し、

時には気分を上げてくれる。

 

 

 

記憶と結びついて

その人の人生の記憶となることもある。

 

 

 

フェスやコンサートやライブに行かない私でも

音楽はすごいなと思っている。

 

 

それなら歌手を本気で目指している人たちからすれば

音楽とは一体何に見えるのだろうか。

 

 

歌手を目指す人に会ったら

聞いてみると面白いだろう。